sexy cabaret club

おっぱい好きな男性にはセクキャバはマストな理由

セクキャバはセクシーキャバクラの略語になりますが、全国的にはセクキャバのことを「ハッスル」「おっぱぶ」「おっぱいパブ」「お触りパブ」という名で呼ぶことも少なくありません。この名称からもわかるように、セクキャバという場所がおっぱいをウリにしていることがわかります。
もちろん、セクキャバがたくさん営業している池袋においてもこれらの名称であれば、それはセクキャバであり、おっぱいを楽しめる場所と考えていいでしょう。
セクキャバではキャバクラよりもエロティックなサービスがありますが、池袋でもセクキャバによってサービスの違いはありますが、おっぱいはお触りできますので、池袋のおっぱい好きの男性にはオススメできます。ちょっとエッチな気分になっており、女の子へのお触りを楽しみながらお酒を楽しみたいという願望を叶えてくれるのがセクキャバなのです。
一次会からセクキャバというわけにはいかないでしょうが、一次会でお酒が入って楽しい気分で男性同士が二次会にセクキャバを選ぶということはよくあるパターンであり、そこでほとんどの男性が好きなおっぱいがあり、お触りが出来るとなればこれはセクキャバに行くしかないでしょう。

セクキャバで遊ぶときに気をつけること

池袋でもセクキャバは、男性が気軽に入れるちょっとエッチなお店ということでとても人気があります。ただこういったお店は何ができてどこからが禁止になっているのかわかりづらかったりもしますよね。今回は池袋でセクキャバを利用する際に気をつけることを紹介したいと思います。
キャバクラのようにお酒を飲んで話をしたりすることができる他に、セクキャバでは女の子がお客の膝の上などにまたがってキスや胸を揉んだりなどをすることができるわけですが、基本的には女の子の上半身やお尻などだけで股への愛撫は禁止になっているお店が多いです。
また自分の下半身に手などでサービスをして発射させてくれるなどといった事もセクキャバではありませんので、ピンサロやヘルスなどと混同しないように気をつける必要があります。あくまで女の子と話したりちょっとHなことをしてイチャイチャして楽しむ場だということです。
他にもお店によっては服を脱がせては駄目だったり細かいところなどで若干ルールは異なりますが、逆にお店独自のサービスだったり他店にはない方法で楽しませてくれるお店もたくさんあります。池袋にはたくさんのセクキャバがありますので、いろいろなお店に行ってみて比べてみるのも楽しみ方の一つです。

セクキャバなら周囲を気にすることなく小遣いの範囲で遊べます

風俗は苦手だけど女の子とエッチをしたいのであれば池袋のセクキャバが話題になっています。風俗だとホテヘルの場合ラブホテルに行かなくてはなりませんし、店舗型だと風俗店というだけで入りづらいというのもありますが、セクキャバならお店も入りやすいですし周囲の目も気になりません。
池袋で仕事が終わってからお酒を飲めるので女の子と酔いながらエッチを楽しむことができます。セクキャバはソフトとハードなプレイがあります。ソフトなセクキャバは洋服の上からおっぱいを触ったり太ももをタッチしたりできます。一般のキャバクラだとお酒の付き合いはしてくれますが、大胆に体を触るというのは禁止されているお店が多いのが現状です。
池袋のセクキャバならば女の子の体を堂々と触ることができます。ハードなお店になると下半身を触らせてくれたりピンサロ似たような行為をすることもできます。ピンサロは一般的にはお酒を出さないのでノンアルコールで楽しむことになりますが、女の子とお酒を飲みながら体を触りたいのであれば、やはりセクキャバが充実します。料金は1時間1万円しないのでお小遣いの範囲で気軽に遊べます。年齢も若い子が多く気軽に遊べる新しい風俗です。

メニュー

2018年03月09日
巨乳専門のセクキャバで楽しめる胸の触り方を更新しました。
2018年03月09日
セクキャバを利用するとどのぐらいの料金がかかるの?を更新しました。
2018年03月09日
学園系のセクキャバを利用する時の2つのポイントを更新しました。
2018年03月09日
セクキャバはどのような事をして楽しめる?を更新しました。

おすすめ関連サイト

  • 無料会員登録をすると池袋のセクキャバ嬢とより楽しくお得で興奮できる時間を過ごすことができます!池袋セクキャバで楽しみませんか?おすすめの池袋セクキャバ店はキャバセクナビです!